私のボランティア

国際ローンテニスクラブ(I.C.)

東京神宮ロータリークラブ 吉井栄

私が関係しておりますテニス界においての社会貢献の件をご説明いたします。
この団体の本部は英国ウィンブルドンに位置しており、テニスを通じて
①国際間の交流、親睦を深める役割、
②最高水準のスポーツマンシップスピリットの推進、
③恵まれない境遇にいる子供達にテニスを通じて自信、チームワークの大切さ、尊敬心を教えます。

スローガンはLearn to play-Play to lean です。

国際ローンテニスクラブ(I.C.)誕生の歴史

約90年前、当時国際的に著名なイギリスのテニスジャーナリスト、ワーリス・マイヤース氏が、“テニスマンによる国際交流と、より一層のテニスの発展”を目的とした集いを提唱し、1924年11月26日 「イギリス国際ローンテニスクラブI.C.」が誕生しました。そして5年後の1929年、フランスが有名な“四銃士テニスプレーヤー”コシェ、ボロトラ、ラコスト、ブルニヨンの活躍を契機として、イギリスに次いで“フランス国際ローンテニスクラブI.C.”を創設致しました。

以後、第2次世界大戦前までにアメリカ、オランダ(1931年)、チェコリパブリック(1933年)、スウェーデン(1937年)が、それぞれ自国のテニスマンたちによりI.C.の名乗りを上げましたが、国際的な拡がりは1947年以後、テニスの本格的な充実が世界各国に及ぶに至って飛躍的に発展し、現在で40ヵ国が、それぞれのI.C.を設立しています。また、各国I.C.は定められたシール(ロゴ)を、各国それぞれに認められたストライプのネクタイを会員のシンボルとしております。

以下がJAPAN ICのウェブサイト並びに英国本部のサイトとなり活動報告も載せてありますので是非ご覧になってくださいませ。

IC JAPAN: http://www.icjapan.org/

IC 本部: http://www.ictennis.net/

吉井栄
IC JAPAN
名誉幹事