私のボランティア

フードバンクTAMA

東京八王子南ロータリークラブ 神山治之

ロータリアンとして色々な奉仕活動をしてきました。その様な時に「子どもの貧困・生活支援」、「子ども食堂への期待」など、様々なニュースがメディアで取り上げられる機会が増えてきました。その時は漠然と聞き流していました。
実際に八王子でも学生主体の子ども食堂が出来上がり、知人達がお手伝いをしているのを見聞きして、何か出来る事は無いだろうか? と思っていました。

そのような中で、先輩ロータリアンから、日野に同じ思いの人達がいるから会ってみないか と紹介を頂いたのが、現事務局長の芝田氏です。定年にあたり仕事一筋だったので地元・地域に恩返しがしたいとの話の中で「フードバンク」を一緒に立ち上げないか との申し出を二つ返事で答えたのが、平成28年5月でした。翌6月にNPO法人取得に向けて設立総会を開き、9月16日に特定非営利活動法人 フードバンクTAMAの認定並びに法人登記を行いました。

フードバンク

NPO法人取得にむけてその間も任意団体として活動を続けておりました。
フードバンクとは、食品メーカー企業・団体や農家さん、一般家庭の方々から、賞味期限1か月以上ある物を寄贈して頂き、児童養護施設・子ども食堂や社会福祉協議会を経て生活困窮家庭に無償で提供しております。

はちおうじ子供食堂

食料を集めるのが一苦労です。メーカーからは賞味期限が近付いている物や包材不良で販売出来ない物などを送って頂いたり、企業で保管している防災品の入れ替え時に発生する食料品を分けて頂いたりしています。農家さんからは余った野菜やお米等も分けて頂いています。個人の方とはホームページ内の食品寄付を見て送りたい食料品や送り方などをメールでやり取りしています。

何社かの企業では、職員や顧客等から自宅に余っている食料品・調味料などを集める「フードドライブ」を行って頂きその全てを譲り受けています。
カーブス様やJ2町田ゼルビア様などでも「フードドライブ」を行っています。

「もったいない」が「おいしいね!」へ 無駄なく「食を必要とする“1人”のために」お届け出来る様に日々活動しております。
集めた食料品が無駄にならないように、八王子市・日野市・立川市・多摩市・
昭島市・国立市の40余りの施設・団体に手分けして配送しています。もちろんボランティアの方々のお力もお借りしています。

配布先として、児童養護施設、シェルター、自立支援施設、子ども食堂、無料塾などの団体や、社会福祉協議会を通して生活困窮者の個人宅にも届いております。また、夏休み・冬休み・春休みで給食が食べられず体重が減ってしまう子ども達にむけて「子ども支援プロジェクト」も行いました。

生活保護受給者の家庭30世帯に、「お米、パスタ、レトルト、缶詰、調味料、お菓子など」を段ボール箱に詰め届けました。休みの間を少しでも楽しく過ごせる様に小さな一歩を踏み出しました。
行政とはそれなりの距離感を保ちつつも、社会福祉法人日野市社会福祉協議会様とは連携協定締結式を行いました。
2018年6月に第3回目のシンポジウムも開催します。地域の方々に現状を理解して頂き、「地域の子ども達を地域で育てる」お力を分けてもらえれば助かります。

フードバンク

全国フードバンク推進協議会にも参加しております。全国のメンバーとも連携しており、各地域で活動が活発になってきております。
出来る人が出来る時に出来る事を無理なく続けていければ世の中もっと良くなりますね。

特定非営利活動法人フードバンクTAMA 理事長 神山治之

http://foodbank-tama.com/