私のボランティア

RI2750地区のロータリアンが個人として行ってきたボランティア活動の紹介記事です。その後クラブ奉仕に採用されたものもあります。参考にしてください。どんどん原稿を お寄せください。

起業家支援の楽しさ

東京中央ロータリークラブ 八幡惠介

日本には数少ないエンジェルとして起業する人たちの創業支援を1997年から継続している。外資系企業に勤務して得たストックオプションによる資産形成のうち2億円余りをエンジェル投資の原資として、国内外約30社に投資、例にもれずほとんどの起業家は失敗して舞台から退場したが、問題は退場の仕方。

心ある起業家はすっからかんになる前にM&A、会社整理などでいくらかの資金を投資家に分配。多くの起業家は資金を使い果たして倒産。投資した企業の中で何らかの成功をおさめた1社は匿名組合方式で資金を融資したシグナルトークで約束通りの利息を付けて期日までに全額返済、その後も黒字をほぼ毎年継続している。

起業家支援の楽しさ

IPOに向けて審査中の企業が開発した世界に冠たる微細加工の欠陥検出装置

(さらに…)

ボランティアレポート
一般社団法人JHA日本ハンドリフレクソロジー協会

東京中央ロータリークラブ 金森秀晃

ハンドリフレクソロジー

「手」には大きな可能性があります。
指導者が道を指し示す「手」
愛する人に触れるのも「手」
自ら「手」を差し伸べさえすれば、
人の「手」をとることができるのです。
ただ、自分から「手」を差し伸べることは、非常に勇気のいることです。
ハンドリフレクソロジーを通じて、「癒し」を感じていただくだけではなく、相手の生命力を信じ抜き、支え・勇気づけることでその方も自ら「手」を差し伸べることができるようになっていく。
ボランティアを通じて「手」を差し伸べる人の輪を、波紋のように広げて行くことを使命としています。

(さらに…)

2005年11月に立ち上げ、昨年10周年を迎えた志成会という会について、ご紹介致します。

東京城西ロータリークラブ 古屋文隆

作ったきっかけは、某銀行の後継者セミナーで知り合った仲間と一緒に、自ら講師を探し、自分たちで活動をする会を立ち上げようと話し合ったことでした。

会の理念としては、
①会員が幸せになる(会の幸せではない)、
②歴史を作る気概で事業をしよう、
③志を共にする組織とは積極的に連携をしよう

の3つでした。

2005年11月に立ち上げ、 昨年10周年を迎えた志成会という会について、 ご紹介致します。この方は!と思う人には、講演をご依頼をし、その中にはロータリアンとして各界で活躍をされている方もいらっしゃいます。「日本人と経営」についてお話を頂いた東京城西ロータリークラブの藤原大士様、東京恵比寿ロータリークラブの鈴木英之会長にロスチャイルド家のお話を頂いた事もあり、普段講演を引き受けてくださらない方でも、私達の熱意を感じて頂き、貴重なお話を頂きました。

また、歴史を作る気概での事業としては、両国国技館を二日間貸し切ってイベントをしたこともありましたが、最近では、戦争の世紀に終止符を打つサラエボでの第九コンサートを、指揮者の柳澤寿男さんと実施をしたこともありました。

この計画も志成会の中で、講演をしてもらい、今後のプロジェクトについての話を進め、私が実行委員長を引き受けて、東京杉並ロータリークラブのご協力などをいただきながら、実施しました。

この事業は徐々に大きくなり、今年の秋はジュネーブの国連欧州本部でコンサートを行う運びになり、歌手の玉置浩二氏が「歓喜の歌」を作曲してくださったりと、話題も広がっています。
4年後には、東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、全世界約200ヶ国の全ての国籍の人に参加をしてもらう「世界共栄の第九」を実施すべく、次の事業に向けて走り始めます! 世界都市東京の存在感を、日本人にしか出来ない事業を通して、広めていきたいです。

3 / 3123

委員長 榊原節子
東京恵比寿RC

副委員長 山田 和之
東京中央RC

副委員長 澤田 尚史
東京神宮RC

委員 福井 衞
東京武蔵府中RC

委員 木村眞
東京恵比寿RC

委員 森家芳江
東京城南RC

委員 八幡 惠介
東京中央RC

委員 舘 和博
東京中央RC

委員 山下 雅弘
東京日野RC

委員 塩沢 仁志
東京愛宕RC

アドバイザー 森田光一
東京大森RC